膣内射精障害で中折れしてしまうの可能性

膣内射精障害の可能性

膣内射精障害

 

最近、若い世代を中心に問題になっているのが「膣内射精障害」という症状です。

 

これは、普段の自慰行為なら問題なく勃起⇒射精ができるのに、
女性との性交になると、挿入前に勃起ができなくなってしまったり、
挿入中に膣内で中折れしてしまうというものです。

 

この膣内射精障害の原因は、過度な刺激を与える自慰行為にあるといわれています。

 

ペニスを床にこすりつけたり、ハードなオナホールなどで強い刺激を与える自慰に慣れてしまうと、
女性の膣内で感じる刺激では物足りなくなってしまいます。

 

オナニーでは問題なく勃起は持続するのに、女性との性交となると、
うまくいかない・・という方はこの膣内射精障害の可能性が高いです。

 

膣内射精障害の治療法としては、普段の自慰行為をソフトなものに変えることです。

 

ハードな刺激を与えず、ソフトな刺激でも射精までもっていけるようにすることが大事です。
自慰グッズなどを使わない場合も、ペニスを強く握りすぎず、
普段やっている半分程度の力でやってみることをおすすめします。

 

コツとしては、初めからいきなりソフトにするのではなく、
段階を踏んで徐々に刺激に慣らしていくと、うまくいきやすいです。


中折れにおすすめのサプリメント総合ランキング

クラチャイダムゴールド
  • マカの2倍のアルギニン量を持つクラチャイダムを純度100%で配合。
  • 中高年を中心に今人気急上昇中のサプリ。
  • 中折れだけでなく体調面にも効果を実感。

 

マカ&クラチャイダム
  • マカとクラチャイダムのw配合されたサプリ。
  • 安価だがその分コスパは良い。初心者向け。

 


トップページ 中折れの症状 中折れの原因 中折れ防止のために 年代別中折れ対策 運営者情報